一般歯科予防歯科小児歯科審美歯科訪問歯科矯正歯科歯科口腔外科

小児歯科

子供さん向けに、口内チェック、虫歯予防、虫歯治療、歯みがき指導などを行います。緊急性のある場合以外は、本人が自らの意思で口を開け、治療を乗り越えていこうという気持ちを育てます。
嫌がる場合は最初から削らずに、練習から始めるようにしております。治療に連れてこられるお母さん、お父さんは非常に根気が要りますが、お子様の成長は驚くほどで、それがご両親や我々の大きな喜びにもなります。
 
始めは大泣きしてしまっても諦めないでください。歯科医師、スタッフの顔に慣れてくれば診察・治療ができるようになることがほとんどです。無理せず、少しずつでも進めていきましょう。

child-image1

 

「みどり坂の歯医者さん こうもと歯科」で明るいお子様の笑顔を楽しみませんか?
当院では、お子様の場合、4ヶ月に1回(年に3回)のペースでの虫歯チェック・歯並びチェック・歯の生え変わりチェック・歯磨きチェック・おそうじ・フッ素塗布(フッ素塗布は無料)でのご来院をおすすめしております(約30分で、保険適用です)。

フッ素で歯を強くしよう!


フッ素塗布について

フッ素は、歯に塗布する事で、歯質を強化し、虫歯になりにくくする薬です。虫歯予防のためのフッ素使用は、歯科医院で行うフッ素塗布の他、ご家庭で行うフッ素入り歯磨き粉の使用やフッ素洗口があります。これらを併用することによって、フッ素による虫歯予防の相乗効果が期待できます。フッ素を塗布したからといって完全に虫歯にならないわけではありません。日頃の歯磨きをしっかり行うと共に、虫歯になりやすい奥歯の溝を埋める「シーラント処置」をお勧めします。

ch-image2

※フッ素塗布後、約30分はご飲食を控えてください。また、できるだけ唾液は吐き出すようにしましょう。
※フッ素は年に2~3回、定期的に塗布することによって最大限の効果を期待できます。特に生えてきたばかりの歯に有効ですので、定期検診とあわせてご来院されることをお勧めします。

ch-image3

シーラント処置について


     ch-image4

シーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで塞ぐ虫歯予防法です。奥歯の溝は複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入らずそのために毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまうことがありますが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝の虫歯を防ぐことが可能です。
 
・シーラントは特に、生えたての奥歯の虫歯予防に有効です。(5歳~13歳)
・歯の表面をきれいに磨いて、奥歯の溝をプラスチックのようなもので塞ぐだけなので、約5分程で終わります。

※シーラントは他の詰め物に比べてはがれやすいので、シーラントがきちんとついているか定期健診を受ける必要があります。はがれたとしても短期的にはきちんと詰められていますので予防の効果はあがっています。

診療内容

一般歯科 予防歯科
小児歯科 審美歯科
訪問歯科 矯正歯科
歯科口腔外科

コメントは停止中です。