一般歯科予防歯科小児歯科審美歯科訪問歯科矯正歯科歯科口腔外科

一般歯科

虫歯の治療や、歯の根の治療、歯周病の治療、また失った歯を取り戻す治療として、ブリッジ、入れ歯、インプラントの治療などを行ないます。

基本的に歯は極力抜かない方法で 様々な分野の知識、技術を生かし、十分な説明をしたのち、心を込めて確実な治療をいたします。患者さんが豊かで快適な生活を送れるようお導きしたいと思います。
 
麻酔が必要な際の無痛治療をめざしております。お子様時代に、痛い治療、押さえつけられての治療を受け、「歯医者はすごく痛いもの」などと先入観を持ち、歯医者嫌いのまま、大人になられた方がいらっしゃると思います。
表面麻酔や、電動式麻酔などを用い、可能な限り痛みの無い・不安の無い治療に努めております。著しく不安の強い方にも十分な対処が可能になりました。入れ歯のご相談もお気軽にしてください。いつまでも食事を楽しんでいただくために入れ歯の治療と全体の噛み合わせにも力を入れておりますので、より良い方法をご検討いたします。 保険・保険外共に詰め物、かぶせ物をする際に使用いたします歯科材料の選定にも最良の治療を提供するために厳選してこだわっております。

虫歯治療

虫歯の治療には虫歯の程度、範囲によって白い詰め物(レジン)で処置する場合と、歯の型をとって金属を詰める処置(インレー)などがあります。虫歯の程度が深く、神経まで達してしまったり、すでに神経が壊死してしまっている場合には、歯の根を掃除し密閉する処置が必要になります。

       gen-image1-2

虫歯の段階

  • CO:経過観察(様子見)
    この段階であれば、しっかりとした処置をすることで削らずに自然治癒させることが可能。
     
  • C1:歯の表面(エナメル質)が溶け穴があいている状態
    虫歯の初期段階で、虫歯を削りプラスチックを詰め1回程度の治療で終えることが可能。
     
  • C2:穴が象牙質(エナメル質の下)にまで拡大している状態
    冷たいものや甘いものがしみる段階。歯を削る量は少なく治療回数も2回程度と短期間で終えることが可能。
     
  • C3:歯がかなり失われている状態で、痛みの自覚症状も強い
    C3以降の治療は虫歯が神経に到達しているため神経を除去する治療が必要。
    また、神経除去後は歯が非常にもろくなるため、クラウンなどの「かぶせもの」を装着することになり治療回数は8~12回ほど。場合によっては長くかかることもあります。
     
  • C4:歯の根しか残っていない状態
    ここまできてしまった歯は基本的に残すことができません。
     
歯周病の治療

歯周病とは

歯周病の多くが以前は歯槽膿漏といわれていました。これは「歯槽(歯ぐき)から膿が漏れる」といった症状を表したものです。歯周病になると歯がぐらつき、歯ぐきから膿が出てきます。そしてぐらついた歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい病気です。また、1本にとどまらず口の中全体に広がっていきます。
歯ぐき(歯肉)と歯の間にはポケットという1mmくらいのすき間があります。歯みがきを怠ってしまうとこのポケットにプラーク(歯垢)がたまります。たまったプラークが歯石をつくり、すき間を押し広げていきます。これを積み重ねることで歯ぐきが炎症を起こします。これが歯肉炎で、歯周病の第一歩です。
 
歯肉炎にかかると歯ぐきは赤く腫れ、リンゴをかじったときなどに歯ぐきから血がでます。歯肉炎を放置しておくと症状はますます悪化し、歯周炎へと進んでいきます。この様に歯周病は主に歯ぐきと歯の間のブラッシングがきちんと出来ていないのが原因となります。歯周病の原因は、大半が口の中にいる細菌の固まりである歯石です。まずはこの歯石を取り除く事から始めて、歯ぐきを引き締める処置をします。

     gen-image2-2

歯周病の進行

  • P1 歯肉炎
    歯ぐき(歯肉)が赤く腫れ上がり、歯を磨いたりリンゴなどをかじったりすると出血します。
     
  • P2 軽度歯周炎
    ポケット(歯ぐきと歯の間のすき間)が広くなり、そこから出血したり膿が出たりして口臭を感じる場合があります。
     
  • P3 中度歯周炎
    ポケットでの炎症が慢性化し、歯根を支えている歯槽骨が先端部より溶けてきます。
    このころは口臭もあり歯が浮いた感じがします。強くかむと痛みを伴い、歯がぐらついてきます。
     
  • P4 重度歯周炎
    歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきがひどくなります。硬いものは食べられません。
     
歯周病の治療方法

■プラーク・コントロール
基本はプラーク・コントロールです!慢性疾患である歯周病をコントロールするためには、今まで慣れ親しんできたライフスタイルを、今後少しずつ変化させていくことが必要だと思われます。 患者様一人一人に合ったプラーク(歯垢)コントロールの仕方を、歯科医師や歯科衛生士等にご相談下さい。

gen-image3

■スケーリング(歯石除去)
歯ぐきの周りに付着したプラーク(歯垢)は、時間が経つと唾液中のカルシウムが沈着して歯石に変化します。歯石は歯ブラシでは取れません。
歯石を除去するためには、歯科医師や歯科衛生士によって器具で除去します。
軽度の方はこの程度の治療法で治癒します。

gen-image4

■ルートプレーニング(根面の滑沢化)
細菌の毒素によって感染した歯根面のセメント質や象牙質を、歯科医師や歯科衛生士によって器具で除去し、歯根面をなめらかにすることで治癒しやすい環境を作ります。軽度から中等度の方が必要になってくる治療法です。

gen-image5

■歯周外科治療
顎の骨の吸収が進んだ重度の方の場合は、器具を使っても歯根面に付着した歯石を取ることは出来ません。
その場合は、歯科医師が麻酔を使った上で、細菌におかされた歯ぐきを取り除くと共に、歯根面に付着した歯石や感染したセメント質等を除去し、歯周外科治療を行ないます。

gen-image6

失った歯を取り戻す治療

自分の歯がなくなったところの代わりをしてくれる方法が、ブリッジ、入れ歯、インプラントです。歯が失われることは、上下の噛み合わせが壊れてしまうことになります。
 
歯が本来もっている働きである
 
1. 噛むこと
2. 正しく発音すること
3. 食べ物や飲み物を飲みこむこと
4. 見た目の美しさ
などに支障がでてしまいます。

gen-image7

診療内容

一般歯科 予防歯科
小児歯科 審美歯科
訪問歯科 矯正歯科
歯科口腔外科

コメントは停止中です。