一般歯科予防歯科小児歯科審美歯科訪問歯科矯正歯科歯科口腔外科

予防歯科

予防歯科とは定期検診やクリーニングを行うことで、虫歯や歯周病などお口のトラブルが発生する前に予防することです。歯を残すことが出来る人、歯を失ってしまう人の大きな違いは、「痛くなったときだけ歯医者さんへ行く」のではなく「痛くなくてもお口のお手入れ(ケア)のために歯医者さんに行く」というところです。虫歯や歯周病は痛くなってからでは治療期間や治療費などのご負担も大きくなります。
 
虫歯・歯周病予防で大切な事は『早期発見・早期治療』です!痛みなどの自覚症状がなくても定期的にプロによる検診とクリーニングを受けることにより、もし虫歯や歯周病が見つかった場合でも最小限の治療で済ませることができます。

衛生士によるブラッシング

衛生士がセレクトした歯ブラシを使って、ブラッシングをおこないます。専用のペーストを使って自分では磨きにくい隅々まで、ブラッシングをおこなうので、口の中もすっきり。また、ブラッシングの心地よい刺激は歯ぐきを引き締め、マッサージ効果も期待できます。なかには思わずウトウトと眠ってしまう患者さんもいらっしゃるほどです。

pre-image1

歯石を除去(スケーリング)

“スケーリング”とは、歯ぐきや歯周ポケット内に付着した歯石を除去する処置法です。歯石は虫歯・歯周病の原因であるプラーク(歯垢)が付着しやすく、放っておくとさらに再形成されます。そこで専用器具を使用して、歯石を除去することで、虫歯・歯周病を予防します。

pre-image2

歯面研磨

タバコのヤニ、コーヒー・お茶などの嗜好品、日常のブラッシングだけではそれらのステイン(色素沈着物等)を完全に除去する事はできません。当医院では、ステインを特殊な機器を用いて非常に短時間で痛みもなく除去できます。

pre-image3

ガムマッサージ(歯ぐきのマッサージ)

いわゆる、”歯ぐきのマッサージ”です。メディカルアロマジェルを使い、セラピストの優しい指の動きによって、お口のなかにたまった汚れを取り除き、口の中の隅々までキレイにしていきます。
ガムマッサージには、”お口全体のクリーニングによる汚れと細菌の除去”、”唾液腺マッサージによるデトックス・抗菌”、”歯ぐきマッサージによる血流改善”などの効果が期待でき、免疫力UPや、口臭や歯周病の改善にも高い効果を発揮します。

pre-image4

妊娠中のお母様へ

ご存知ですか?妊娠中に歯周病にかかると、早産の危険が7.5倍高いことを。なぜ、歯周病が早産の原因になるのか。理由は2つあります。
一つ目の理由は、体が歯周病菌を追い出そうとして、サイトカインとプロスタグランディンという物質を作り出すこと。サイトカインやプロスタグランディンは、出産を促す物質でもあるため、妊婦さんの体の中でこの物質が増えると、「もう赤ちゃんを産んでも大丈夫」と体が勘違いしてしまいます。体が勘違いした結果、まだ未成熟な状態の赤ちゃんが早く生まれてきてしまうのです。

pre-image5

 
二つ目の理由は、歯周病菌による羊膜の破壊。妊婦さんの口の中で歯周病菌が増殖すると、血流に乗って羊水に入り込みます。羊水に入り込んだ歯周病菌が毒素を出して羊膜を破壊するため、早産が起こるのです。このように、歯周病を放っておくと、早産を引き起こして元気な赤ちゃんを産めなくなってしまうかもしれません。
生まれてくる赤ちゃんのために、歯周病を予防することはとても大切なことなのです。

妊娠中は歯周病にかかりやすく悪化しやすい

しかし困ったことに、妊娠中の女性はとても歯周病にかかりやすいのです。
なぜなら、つわりの影響でふだん通りの歯磨きができないからです。奥歯を磨こうと歯ブラシを口に入れると「オエッ」と気分が悪くなってしまう方も少なくありません。歯磨きをしたいと思っても気分が悪くてできないので、どうしても磨き残しが多くなってしまいがちです。その磨き残しが原因で歯周病にかかりやすくなってしまうのです。

pre-image6

さらに妊娠中は、女性ホルモンの影響で歯周病の進行が速いため、一度歯周病にかかるとあっという間に悪化して重症になってしまうこともあります。

歯周病を予防するには

歯周病は、妊娠中にかかりやすい上、一度かかるとすぐに悪化してしまう厄介な病気です。どうしたら未然に防ぐことができるのでしょうか?
 
先ほどもお話した通り、歯周病にかかるそもそもの原因は、歯磨きで磨き残してしまった汚れです。この汚れをキレイに落とすことができれば、歯周病は防ぐことができます。そこでお勧めなのが、歯科医院で受ける予防歯科治療です。

pre-image7

予防歯科治療では、歯のプロである歯科医師や歯科衛生士が高度なスキルで磨き残した汚れを徹底的に落とすことができます。歯と歯との間、歯と歯ぐきの境目、歯の細かい溝など、つわり中に磨くことが難しい細かいところの汚れを根こそぎ落としてくれるのです。
こうした予防歯科治療を定期的に受ければ、歯周病にかかる可能性をグッと抑えることができます。
 
「レントゲンや薬がおなかの赤ちゃんに心配だから歯医者さんには行かない」
 
そんな風にお考えのお母様もいらっしゃるかもしれませんが、予防歯科治療は、レントゲンや薬を使用せずに行うことができます。お腹の赤ちゃんに悪影響を与える心配はありませんので、どうぞ安心して受診ください。

妊婦さん向け予防歯科

PMTC(ピー エム ティー シー)

ふだん歯ブラシで念入りに磨いているつもりでも、歯と歯との間や歯と歯ぐきの境目、歯の細かい溝といった場所にこびりついた汚れは磨き残してしまいがちです。
実はこの磨き残した汚れが歯周病の原因です。歯のプロである歯科衛生士が、高度なスキルで磨き残した汚れを完全に落としてキレイにするのがPMTCです。

pre-image8

フッ素塗布

定期的にフッ素を歯の表面に塗ると虫歯になる可能性がぐっと低くなります。
これは、フッ素には虫歯菌が出す「酸」に負けない強い歯にする効果があるからです。
フッ素による虫歯予防効果は、世界中で認められているものです。定期的なフッ素の塗布をおすすめしています。

pre-image9

 

つわり中でもできる歯磨き方法のレクチャー

予防歯科の治療を受けたからといって、毎日の歯磨きをおろそかにして良いわけではありません。予防歯科の治療は、毎日の歯磨きにプラスしてこそ、その効果が発揮されるものだからです。
しかしながら、つわり中は歯ブラシを口に入れると「オエッ」と気分が悪くなってしまう方も少なくありません。そこで当院では、気分が悪くなりにくい歯ブラシの入れ方や磨き方をお教えしています。

pre-image10

生活習慣へのアドバイス

妊娠中は、歯周病にかかりやすい状況です。
食事を取るタイミングや食事の内容等、できるだけ歯周病にかかりにくくするための生活習慣をアドバイスさせていただきます。

pre-image11

診療内容

一般歯科 予防歯科
小児歯科 審美歯科
訪問歯科 矯正歯科
歯科口腔外科

コメントは停止中です。