設備紹介

device

安心・安全・快適な診療のための充実設備
「みどり坂の歯医者さん こうもと歯科」にご来院いただいた全ての方に、安全で快適な歯科医療をご提供するために
充実した診療機器や院内感染のない衛生設備・環境を整えています。

院内感染を予防する世界基準の滅菌システム

高圧蒸気で器具内部まで徹底滅菌
世界最高水準 クラスB滅菌器
歯科医療の現場では、唾液や血液などの付着による感染リスクを抑えるため、危険なウィルスを徹底的に除去する必要があります。しかし、様々な診療器具の内部にまで付着した細菌やウイルスを洗浄・消毒だけで落としきることは困難です。
そこで、当院では高温高圧の飽和水蒸気を利用した世界最高ランクのクラスB高圧蒸気滅菌器で、あらゆる細菌・ウイルスを徹底的に死滅・除去させます。C型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルス、HIV(エイズウイルス)などのリスクを徹底的に排除して、患者さまはもちろん、働くスタッフの安全も守ります。

消毒・殺菌・滅菌の違いとは

「消毒」「殺菌」「滅菌」、これらの違いをご存知でしょうか?
大まかには下記のような効果の違いがあり、院内感染予防を防ぐためにも「みどり坂の歯医者さん こうもと歯科」では医院全体で「滅菌」にこだわっています。

  • 消毒とは
    感染症を起こさない水準まで細菌を殺滅・減少させること。
  • 殺菌とは
    付着した細菌を殺すこと。(程度は完全ではない)
  • 滅菌とは
    すべてのウイルスや細菌を完全に死滅・除去させること。

世界最高水準「クラスB」とは

滅菌器にはヨーロッパで定められた3つの基準(クラス)があり、クラスBは医科と同水準を確保した世界で最も厳しいとされている基準です。当院ではこの最高水準の滅菌器を導入し、診療環境の安全性をより確かなものとしています。

世界最高ランク! クラスBオートクレーブ[Lisa]
*
超音波洗浄器
滅菌をより効果的なものにするための事前洗浄に用います。超音波で汚れを浮き上がらせ、手が届かない内部に付いた汚れもしっかりと落とすことで、より高精度の洗浄を可能にします。
*
口腔外バキューム
歯を削ったり入れ歯を調整する際に飛び散る、目に見えないほどの細やかな水や粉塵を、患者さまが吸い込んだり顔にかかってしまわないように、すばやく強力に吸引します。
院内感染予防のために、当院が行っていること
  • *
    患者さまごとに
    洗浄・消毒・滅菌を徹底
    使用後の器具は徹底的に清潔にし、滅菌パックに密封した状態で保管し、使用直前に開封します。
  • *
    使い捨て器具を
    できる限り活用
    うがいのコップ・エプロン・グローブ(手袋)、注射針などの器具は、患者さまごとに使い捨て製品を使用しています。
  • *
    スタッフ全員の
    衛生管理を徹底
    治療に従事するスタッフ全員の衛生意識向上に務め、常時、安全衛生教育を行っています。
滅菌に関する新聞記事について
2014年の読売新聞の記事が話題となっておりますが、こうもと歯科では上記の通り、患者さまのお口の中に入る器具は滅菌しており安全です。安心してご来院ください。
*

精細な検査と的確な診断のために

高精細・低被曝
デジタルパノラマ&デンタルレントゲン
歯を支える歯ぐきの中の骨の状態や、歯の根の中で虫歯がどれだけ進んでいるかなど、肉眼で表面上見ただけでは決してわからない部分があります。そんな内部までしっかり把握するために欠かせないのがレントゲンです。
歯科用で撮影部位が限られているため従来のレントゲン撮影よりX線被曝量は格段に低くなり、短時間で撮影できて、女性やお子さまなどでも安心して撮影することができます。
目では確認できない部分までしっかり把握することで、より正確な診断を可能にします。
唾液の力や細菌の量などを測定
サリバテスト(唾液検査)キット
きちんと歯磨きをしているのにどうして繰り返し虫歯になってしまうのか?
虫歯になる原因は「細菌の量」「食生活」「歯や唾液の質」など様々な要因が考えられます。唾液を採取して検査することで、一人ひとり異なる虫歯の原因やリスク(なりやすさ)を調べ、それぞれに合ったオーダーメイドの予防プログラムのご提案に役立たせます。
検査結果はグラフなどで分かりやすく表示されますので、その表を元に「何が虫歯の原因だったのか」「何をすればいいのか」をひとつひとつ丁寧にご説明させていただきます。
見やすくて分かりやすいから安心♪
iPad問診システム
iPadでの問診を取り入れております。
紙の問診票とは違いiPadでは見やすい大きさに絵や文字を表示でき、選択肢を画面を押して進んででいただく方式ですので高齢者やお子さまも簡単操作で問診していただくことができます。(ご希望の方には紙の問診票もご用意しております。)
*
口腔内カメラ
口腔全体のバランスや外から見た状態を記録するカメラ、ペン型で1歯ごとの細部の状態を記録するカメラ、2種類の口腔内カメラを駆使して、鏡では見えにくかった奥歯などもご覧いただけます。虫歯や歯周病の状態などの画像をモニターに映し、治療前→治療後の様子などをご説明いたします。

痛みに配慮したやさしい治療への取り組み

電動制御で麻酔液を注入
電動麻酔注射器
麻酔注射時に感じる痛みは、注入時のスピードや圧力の不安定さが原因とされており、それを手動で改善することは困難です。
そこで、電動の麻酔注射器を導入しました。注入速度をコンピューターが自動的にコントロールし、ゆったりとした一定のスピードで注射をすることができるため、注射時の痛みが激減します。電動制御と技術を掛け合わせ、痛みの少ない治療を心がけていますのでご安心ください。

さらに痛みを少なくするために

  • *
    表面麻酔剤の利用
    麻酔注射する前に、クリーム状の表面麻酔を塗って粘膜をしびれさせ『チクッ』とした痛みを極力感じなくさせます。
  • *
    麻酔液のあたため
    痛みの原因の一つでもある体温と麻酔液の温度差を無くすために、麻酔液を体温と同程度まで温める「カートリッジウォーマー」を利用します。
  • *
    極細針の利用
    注射針はもちろん細いほうが痛みは軽減します。電動注射だからこそ安定して使用できる極細の針を採用しています。
  • *
    マッサージで痛みを緩和
    麻酔液は3回に分けて少量ずつ注入。その注入の合間に刺入部位を2分ずつマッサージすることで麻酔の痛みを軽減させます。
痛みと密接に関係する緊張・不安を和らげるためにも、
リラックスできる明るくやさしい医院づくりに努めています。

より効果的な予防ケア・メインテナンスのために

より効果的にフッ素を取り込む
フッ素イオン導入
フッ化リン酸カルシウム(フルオロアパタイト)の歯質を作る、フッ素イオン導入装置です。
フッ素塗布や洗口法よりも効果的にフッ素を歯質に取り込むことができ、脱灰しにくいより強いエナメル質を形成することができるため、虫歯予防や根管治療に高い効果を発揮します。
*
超音波スケーラー
超音波振動によって歯石を除去するため、スケーリング(歯石取り)処置時の痛みを可能な限り軽減させます。また、極細チップの併用で快適な歯石取りを行います。
*
歯面研磨器
ご自宅での歯磨きでは落とせない歯の表面に着いた頑固な汚れを、パウダー(重炭酸ナトリウム)を噴射することで汚れを除去します。歯と歯の間の汚れもすっきり取れて、歯の輝きを取り戻すことができます。

その他の安心と安全のための設備

  • *
    訪問診療キット
    切削や研磨用のエンジン、バキューム、エアーコンプレッサー等が収納されており、訪問先で虫歯の治療や歯周病治療、入れ歯の調整などを行うことができます。
  • *
    電気メス
    歯ぐきやお口の粘膜を切開する際、歯肉を切っても出血や痛みが少なく、腫れを起こしにくいので通常のメスによる切開よりも早く回復します。
  • *
    電動式骨手術器械
    超音波振動で骨を削る機械で、インプラント手術や、埋伏歯(親知らず)の抜歯など、外科処置の際に使用します。素早い処置ができ、治癒も早くなります。
  • *
    LED照射器
    虫歯を削って光重合レジン(CR)を詰め、特殊な光を照射してレジンを硬化・接着させます。白い詰め物を素早く提供することができます。
  • *
    スポットウェルダー
    矯正治療に用いるバンドにブラケットを溶接するための器械です。このスポット溶接機を用いて、一人ひとりのお口に合わせた矯正装置を作製していきます。
  • *
    AED
    AED(自動体外式除細動器)を常備して、いざという時に迅速に行動できるよう、スタッフ一同で繰り返しシミュレーションしています。
  • *
    パルスオキシメーター
    患者さまの脈拍及び動脈血酸素飽和度を測り、呼吸の状態や不整脈、緊張状態などが確認しながら安全に配慮した治療を行っていきます。
  • *
    快適な診療チェア
    長時間の診療で同じ姿勢が続いてもお身体が痛くならないように、また、リラックスできるように座り心地のいい診療チェアをご用意しました。
  • *
    ウォーターサーバー
    待合室にどなたでも自由にお使いいただけるウォーターサーバーを設置してあります。診療を待つ間の水分補給に自由にご利用ください。