インプラント

implant dentistry

第二の永久歯
生まれつき歯の本数が足りていなかったり、お口の病気や事故によって歯を失ってしまうと
噛みづらくて食事を楽しめない、発音しにくい、自然に笑えない、老けて見られるなど、
多くのストレスを抱えたまま辛い日々を過ごすこととなります。
「みどり坂の歯医者さん こうもと歯科」では、そんなストレスをインプラント治療によって解決いたします。

インプラント治療とは

*

失った歯を取り戻すための治療
インプラントは人工の根をあごに埋めることによって新しい歯を作る方法です。
しっかりとした噛み心地が得られ、入れ歯やブリッジなど表面的に歯を作る方法と違い、他の歯を削ったり、金属のバネをかけたりする必要はありません。違和感や噛んだ時の痛みを伴わずにきれいに歯を治すことができます。
当院では、経験・知識ともに豊富なインプラント治療のスペシャリストである外部の専門医と連携をとりあい、質の高い安心のインプラント治療をご提供してまいります。

当院が行う安心のインプラントシステム

*

世界シェアNo.1のストローマン・インプラントシステム
当医院では世界的に高い評価を得ているストローマン(ITI)インプラントシステムを採用しています。
ストローマン(ITI)インプラントはITI(International Team for Oral Implantology)の医学理論に基づいた研究と助言により開発されたインプラントです。(ITIとは、生体工学、物理学、化学、外科、歯科などの各専門分野のエキスパートで構成された口腔インプラント学のための国際チームの略称です。)
世界のインプラントリーダーの1つストローマン(ITI)インプラントは、1974年に開発されて以来、世界40ヶ国以上で使用されており、もっとも信頼されるインプラントの1つとなっています。
ストローマン(ITI)デンタルインプラントシステムを利用している歯科医師は7万人以上にのぼり、国内外への移住や転勤、長期出張時にも対応しやすいインプラントです。
豊富な臨床経験と高い信頼性のあるインプラントシステムは、治療の成功の鍵を握る主な要因です。またストローマン(ITI)インプラントは、約40年に渡り、数多くの歯科大学と協力し、世界中で3000以上の科学文献が発表されています。

インプラント治療の流れ

  • *
    カウンセリング
    「みどり坂の歯医者さん こうもと歯科」では、治療を開始する前にまずは患者さまのお話を聞くことを大切にしています。歯を失ってしまった原因や生活習慣、インプラントに対する不安や心配事、どのような回復を望まれているかなど、時間をかけてじっくりとお聞きします。
    1
  • *
    精密な検査
    レントゲン、口腔内写真などの撮影や血液検査など様々な精密検査を行い、お口・あご・お体の状態をより的確に確認・把握していきます。なお、CT撮影は提携病院にて撮影を行います。
    ※検査結果によっては、インプラント治療に適していないと判断する場合もあります。まずはご相談ください。
    2
  • *
    診断に基づいた治療計画を立案
    検査結果を元に立案された治療計画の内容(必要なインプラントの本数、治療にかかる期間、費用など)を分かりやすく丁寧にご説明いたします。
    当院ではインフォームドコンセントを徹底しており、患者さまがご理解、ご納得された上で治療を開始していきますので、十分にご検討ください。
    また、ご不明な点がありましたら些細なことでもお気軽にご質問ください。
    3
  • *
    安全な手術を行うための前処置
    より安全に手術を行えるように、虫歯や歯周病が見つかった場合はまずは治療を行います。また、インプラント治療に対してあごの骨が少ない方には骨の再生治療のご提案など、必要に応じて口腔内の環境を整える前処理をします。
    4
  • *
    インプラント埋入手術
    手術前に行ったシミュレーションのようにインプラント(人工歯根)をあごの骨に埋入していきます。
    局所麻酔を使用して行うので、手術中の痛みはほとんどありません。
    手術時間は1本あたり約45分から1時間です。手術の翌日以降から、普段と変わらない生活を送っていただくことができます。
    *

    埋入手術は2回に分けて行います。
    まずは一次手術でインプラント体を埋め込みます。治癒期間を経て骨と結合したのを確認したのち、二次手術でインプラント埋入位置を再度切開して、アバットメント=土台を連結し、歯ぐきから露出させます。

    5
  • 治癒期間
    インプラントとあごの骨がしっかり結合するのを待つための期間です。
    使用するインプラントの種類や埋入する場所によって異なりますが、一般的な目安は術後3か月程度です。その間は、普通の食生活をすることができます。患者さまの年齢・健康状態・お口の状態によって異なりますので、詳しくは、お気軽にご相談下さい。
    6
  • *
    上部構造の製作
    歯の形や色などを決めて、上部構造(人工歯)となるセラミックの被せ物を製作するための型取りを行います。型取りをしてから1〜2週間後で上部構造が出来上がったら装着し、様子を伺いながら咬み合わせの調整を行っていきます。
    7
  • *
    メインテナンス
    インプラントを長く使用していただくためには、ご自宅での毎日のケアはもちろん、定期的にご来院いただき、プロによるお口のクリーニングやお口のチェックを受けることが大切です。
    お口の中の手入れがしっかりしていないと、汚れがたまり、インプラントの大敵である歯周病になってインプラントと骨が剥がれてしまう恐れがあります。
    8