こうもと歯科インフォメーション

2018.10.28 知覚過敏

こんにちは。みどり坂の歯医者さん こうもと歯科の歯科衛生士 大中です。

最近、一気に寒くなり、冬の足音が聞こえつつあります(>_<)

寒くなると、冷たいものが歯にしみる~~ってことありませんか?

でも、虫歯じゃない…

そういう時は「知覚過敏」かもしれません(@_@)

「知覚過敏」とは、虫歯でないのに歯ブラシの毛先が触れたり、冷たいものや

甘いもの、風にあたった時などに歯に感じる一過性の痛みです。

歯肉が下がり、本来は歯肉に隠れている歯の根の部分が露出してきて

そこがしみたりします。

原因としては、歯周病の進行や誤った歯磨き、嚙合せの異常、加齢など

があります(*´Д`)

健康な歯肉でも、加齢によってある程度退縮することはあります。

歯の根の部分の露出を防ぐには、歯周病の予防に努めることと

歯肉の退縮が進まないように、やわらかめの歯ブラシで力を入れすぎないよう

小さく動かすように心がけましょう!!

合わせて、定期検診でお口の中をお掃除することも大事です(^^♪

 

コメントは停止中です。